簡単な方法|治療の仕組みと選び方を頭の中に入れておくとよい

簡単な方法

ハートと聴診器

心が楽になる

身体の病気というのは何かしらの原因があって発症して放っておくことで重症化していきますが、心の病気も考え方は一緒です。メンタルヘルスには個人療法ではなく心療内科などの専門医に任せることがベストで、カウンセリングなど受けることでストレスを開放して治療に繋がっていきます。そして大人だけではなく子供でも精神疾患にかかることも増えてきているので、心療内科でも薬物療法ではなくさまざまな療法を日常的に試してみることが大切です。そのひとつとしてあるのが1人でもできる「バタフライハグ」になり、大人よりも子供の治療に有効であるとされている方法です。難しいことなく簡単な方法になりますので、特別な説明をすることなく子供でもできることが大きなメリットといえます。やり方としては自分を抱きしめるように、右手を左の肩に左手は右の肩に置くようにすることで体勢を作ります。そして肩を交互にポンポンと優しく叩くように20秒間やり、その後の感情の変化を確認しながらやってみることです。違った方法としては、両手を親指で交差させて胸に当てて優しく叩く方法もあるので、やりやすいほうを選択することもできます。肩を叩くのか胸を叩くのかという違いがありますが、どちらがいいのかというのはやってみて判断することがベターです。バタフライハグは人によって心が落ち着く方法が違いますし、この変化を感じることが治療に直結する方法になります。バタフライハグによって身体を刺激すると脳の働きを活性化させて意欲がわいてきたり心強くなることによって、積極的に行動ができるようになります。

心の免疫力が低下することによって精神疾患にかかることもありますし、心の免疫力が高くなることでまったく感じなくなることもあります。しかし現代日本の精神疾患における患者数というのは年々増加傾向にあり、中高年の引きこもりも含めると社会問題となっていることもわかります。バタフライハグはいつでもどこでもできることで、精神疾患という病気ではない場合でもやってみるとうつ病などの病気の予防になります。またショックや恐怖でおこるトラウマなどをもっている人でもバタフライハグをすることで、心の解消になっていきますし不安定な状態を治すこともできます。心の病は身体的な傷を受けたことと同じくらいに捉えることで、今までになかった社会的な理解を深めることも少なくありません。特にバタフライハグの方法を聞いた人でも最初は、そんな方法で心が回復するのだろうかという疑問をもっていた人も多くいますが、臨床研究の結果から効果があります。過剰なストレスを受けたときややる気を失っているときなども、バタフライハグをやってみるといつもと違った自分を見せることも適切です。その他にも身近に隠れているアルコール依存症や、タバコを吸う人では禁煙をしたい目的でも同じようにこの方法を試すことで成果をあげています。経済不況の時代が長く続いていることからわかるように、ストレスは高くなる一方でその対策をしていかなくてはいけません。ひとりでもできる方法としてバタフライハグがあるので、日常生活をよりよく過ごすためにも適応した社会生活を謳歌することです。

Copyright© 2019 治療の仕組みと選び方を頭の中に入れておくとよい All Rights Reserved.